主にナンパしてます

お嬢さん、今夜は月が綺麗ですね。

ナンパで知り合った女の子を彼女にしようと思って失敗した編

 

先日、都内でタイプの女の子をお茶に連れ出した。

そしてそこでお喋りをして、LINEを交換。今度また飲みに行こうと約束をして別れた。

 

社会人の20代の子で、笑顔がとても可愛いく、性格も優しそうな感じだったので、これはぜひとも彼女にしたい!と思った。

 

実はその2週間前に付き合っていた彼女と別れてたんだけど、その時はもうしばらくは彼女を作るのを止めようと思っていた。

 

理由は色々あって疲れたからだ。

 

自分の決意は固いと思っていた。しかし可愛い子の前では、その意思もいともたやすく壊されてしまった。

 

だって可愛いんだからしょーがない。

 

それで後日、自分の地元で飲む事になった。

 

地元まで来てくれるんだからこれは少しは期待できるのか?と思うところもあったが、正直、自分にそこまで食いついている感じはしない。

 

会うのは2回目だったが、僕は付き合おうと告白する気満々で望んだ。

 

予約した居酒屋で二人で飲む。恋愛遍歴を聞く。タイプの男を聞く。君は可愛い。と好意を示す。

 

しかし嫌いな男の話になって、口が上手くてチャライ男が嫌いだという。

 

今までの彼氏はみんな真面目だったと。

 

それを聞いてあまり攻めれなくなってしまった。下手に色を使ったり、手を握ったりしてチャライと思われて嫌われたくなかったからだ。

 

居酒屋を出て外をブラブラする。そしてベンチに座って告白をする。

 

僕は本気で付き合いたいと思ってた。出会いがナンパだとか関係なく、純粋にそう思っていたんだけど、結局その想いは彼女に届かなかった。

 

どういう人かまだわからない。自己紹介して下さい。と言われた。

 

「今さらかよ・・・」とびっくりした反面。全然自分に興味を持ってなかったんだなとショックを受けた。

 

会話の中でも失敗がいくつかあった。

 

「大人数で過ごすのは好き?」という彼女の質問に対し、彼女はリア充っぽかったので、「好きだよ!みんなといると楽しいし」と相手に合わせて答えてみた。

 

しかし彼女は大人数は苦手で少人数で過ごすのが好きだという。

 

「うそだろ・・・俺も断然そっちのタイプなんだけど・・・」

 

こんな感じの失敗をいくつかした。普通に答えれば彼女とマッチしてたんだけど、うそついたばかりに気が合わない方向に進んでいった。

 

それから口説いている時に、言葉に隙があるとそこにつっこんできてその返答に困るという事があった。

 

そこをきちんと返していれば、少しは印象も良くなってたかな。

 

「合って2回目で付き合うのはチャライと思う。あと一回遊んでから決めたい。」と彼女は言っていたが、この日を最後に会うことはなかった。

 

今回のアポを振り返ってみての反省点。

 

やっぱり付き合うよりもセックスを優先にすべきだったのではないかと思った。

そもそもチャライ男が好きな女性なんていないんだから、もっと攻めても良かった。

 

それに付き合うのはダメでもセックスはOKだったかもしれないし。わからないけど。

 

それから告白せずに、上手く距離をとっていけば遊び友達にはなれたかもしれない。

何度か遊んでいるうちに・・・肉体関係へ・・・なんてパターンもあったかな?

 

まぁでも可愛いからすぐに彼氏もできると思うけど。

 

押してダメなら一旦引いて・・・という距離のとり方がまだできない。関係を上手く繋いでいける人は距離のとり方が上手なんだろうなと思う。

 

話を聞くと彼女は今寂しい心境にいた。だからナンパにもついてきたんだろうけど。

彼女のその心の隙間を埋めてあげる力が僕にはなかった。

 

きっとまた誰かにナンパされて連れ出されると思う。

 

そして口の上手いチャライ男にパコられるんだろう。